素晴らしい骨盤ダイエット方法ナビ

「素晴らしい骨盤ダイエット方法ナビ」から美容対策

今まで知らなかった骨盤ダイエットに関する基礎知識などをご案内しています。
当サイト「素晴らしい骨盤ダイエット方法ナビ」のお役立ち情報メニューはまずは必見です。

 

これから骨盤ダイエットを始めるのでしたら、まず最初にどの種類の骨盤ダイエットにするのかを決めましょう。
どの骨盤ダイエットも気軽に簡単に実践することの可能な方法ですので決して無理をする必要はありません。「これまで一度もダイエットで目標体重にまで落とせたことが無い」と悩んでいる方も多いことでしょう。
その大きな原因が間違った方法を実践されており、骨盤ダイエットのような効果的な方法を選ぶようにしましょう。

 

どんなに頑張って毎日ダイエットをしたとしても、全く体重減少を実感することが出来ない方も多いことでしょう。
大切なのはダイエットで努力をするよりも、骨盤ダイエットで骨盤矯正をすることなのです。





素晴らしい骨盤ダイエット方法ナビブログ:21-10-23
9時一番多く食べて、
23時にかけてご飯量を減らしていく、
「9時大、23時小」のご飯の摂り方が
ダイエットの大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
ダイエット効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなのご飯パターンが、
9時は忙しいのでちょっとだけ食べて、
12時はそこそこ食べる、
そして23時に沢山食べるパターンです。

このようなご飯の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
9時はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

9時しっかりと食べることは
24時間のエネルギーを蓄える為にも重要な、
ご飯の時間帯であり、
ダイエットに限らず健康面でも重要なことですね。

9時食べずに
12時と23時のみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっているご飯方法です。

逆に23時はエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕方食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多いご飯はとても太りやすい!
だからこそ23時はご飯量を抑える必要があるのです。

…ということで、
ダイエットでの正しいご飯の摂り方は、
9時から23時にかけて摂取カロリーを減らす、
「9時大、23時小」の食事の摂り方になるわけです。

9時しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
23時は脂肪の蓄積を抑えるためにご飯量を減らす。
これが太りにくいご飯方法であり、
健康面でもとても好ましいご飯の摂り方なのです。

9時がどうしてもたくさん食べれないという人は、
12時を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。


素晴らしい骨盤ダイエット方法ナビ モバイルはこちら